社長挨拶

私たちタカラビルメンは、お客様の建物・建築物にふさわしい維持・管理・運営に関するサービスを人・技・心を通じてワンストップで提供する会社です。
その経営理念は「お客様に喜ばれ、社会に貢献し、社員が誇りを持って働く会社であろう」というものです。

1981年(昭和56年)の創業以来35年にわたり、建物の維持・管理・運営から清掃、警備、各種工事、資材供給、エネルギー関連サービスに至る幅広いサービスを提供してきました。昨今は、ビル・施設管理、病院運営サポート、斎場関連事業等のファシリティマネジメントの総合サービスが拡張していますが、これまでの成長・発展は、ひとえにお客様、地域の皆様のご愛顧とご支援の賜物と心から感謝申し上げます。

私たちは、目指すべき品質を「タカラ品質」すなわち建物所有者様やご利用者様が心地良いと感じる空間を創り出すことや、お客様が気付いていないニーズを発見し提案することと捉え、日々この向上に努めています。
今後も、一人でも多くの社員が一つでも多くの「タカラ品質」をご提供することで、豊かな社会づくりに貢献していきたいと考えています。

代表取締役社長 小松 良則


○私たちが目指す品質 「タカラ品質」
「建物と所有者様・ご利用者様とのふさわしい関係」を提供することが「タカラ品質」の目指すところです。所有者様やご利用者様が心地良いと感じる空間を創り出すことや、お客様が気付いていないニーズを発見しご提案することが私たちの価値そのものと考えています。

○大切な価値観1 「いきいき社員」
タカラビルメンには現場でのサービスを提供するおよそ800名の「いきいき社員」が在籍しています。この「いきいき社員」こそがタカラビルメンの財産であり「タカラ品質」を支える存在です。現場サービスでは誠実な業務とともに、建物と所有者様・ご利用者様の目線に立った「発見や気付き」を大切にし、お客様に対して多くの提案をさせていただいています。

○大切な価値観2 「コミュニケーション」
タカラビルメンの全社員はコミュニケーションを大切にしています。お客様、建物のご利用者様、協力会社様、社員同士など、関わる全ての方々との円滑なコミュニケーションがあることが「タカラ品質」の前提と考えています。良好な関係のなかからは驚くような「発見や気付き」が生まれています。

○大切な価値観3 「礼節日本一」と「5S(整理・整頓・清掃・清潔・誠実)」
「礼節日本一」と「5S」はタカラビルメンの行動の原点です。全社員が全ての持ち場で実践するものです。

○大切な価値観4 「清掃が原点」
清掃はタカラビルメンの創業事業です。時代の変化とともに社業は建物維持管理全般に拡大しましたが「清掃」には不変の価値があると考えています。建物、所有者様、ご利用者様にふさわしい清掃を提供できることが関係者との信頼の原点となっています。信頼関係のうえに多くのサービスが成り立っていることを私たちは忘れません。