医療施設・福祉施設清掃

病気・けが、高齢者の方が出入りする病院や老人保健施設では、院内・施設内感染の予防が大切です。医療機関が使用する薬剤を用いて、院内の殺菌・消毒・清掃を実施し、常に清潔で衛生的な生活環境を提供いたします。 

院内感染対策

病院清掃は、院内感染対策を考慮した清掃作業を行う必要があります。 日常的な感染予防対策、汚染物質の適切な除去方法、レジオネラ菌やノロウィルスなどの微生物・病原菌の感染経路の遮断方法など、感染予防対策清掃が、免疫力が弱まっている易感染者が集まっている病院や老人福祉施設での、最も重要な清掃目的であると考えます。

当社の清掃はCDC(米国疫病管理予防センター)ガイドラインとOSHA(米国労働安全衛生局)の基準に準拠した、感染予防専門の消毒剤や耐性菌リスクの少ない洗剤を使用し、マスク・手袋・非接触アルコール剤・汚物処理キットなどの防具・器具を使用するなど十分な二次感染対策を万全に行っています。

 

特別・特殊清掃

医療施設の基本的な清掃方法として、「カラーゾーニング」と呼ばれる方法があります。
病院内を清浄度レベルに応じた清掃範囲に区分し、各ゾーンごとに清掃方法を取ることで、他のゾーンへの汚染の拡散を防止することが出来ます。

「カラーゾーニングシステム」

  • 清潔区域(手術室などのクリーンルーム)
  • 準清潔区域 (診察室、病室・一般病室)
  • 一般区域(医局・事務室・廊下・玄関ホール)
  • 汚染区域(トイレ・汚物処理室)

これらの区分ごとに資機材・清掃道具を分けて使用し、区域毎に色彩規則を採用します。
資機材・清掃道具は区域を越えて共有使用は行わないものとし、感染経路を遮断し常に医療施設内の衛生を高めることが重要です。
当社で使用する清掃道具として以下の物があります。

1.ダスタークロス
塵の除去とともに細菌類の除去、不繊維を使用した特殊なクリーニングクロスを採用し、ディスポーザブルなものを使用します。

2.モップ
アルミ製の柄でモップヘッドが簡単に脱着でき煮沸消毒に耐えられるワンタッチモップを使用します。

3.モップリンガー
抗菌加工してあるもので、作業中手を汚さずレバー操作で固く絞ることができます。ゾーンにより洗濯機を使用し洗浄いたします。

 

 

品質向上の為の取組み

当社は長年に渡る医療関連施設清掃で、多くのノウハウを取得してまいりました。

医療施設関係者の方々のご指導や病院専用資機材メーカーと協議を重ねながら、清掃現場へそれらのノウハウをフィードバックし、よりレベルの高い清掃技術を行うようにしております。その為の専門家を招いた講習会や業務改善への取組み、病院清掃マニュアルの活用を行い、清掃スタッフの知識・技術の向上を図っております。

また医療優先・患者優先の中で、効率の良い清掃手順を行うためのコミュニケーションを大切にし、病院スタッフの方々と良好な関係での清掃を行うよう心がけています。

救急車両の消毒清掃

病院以外の場所でも、感染症対策は必要となります。

例えば救急車は、どんな感染症の患者か分からない状況で搬送いたします。動く処置室として血液などが付着することがありますが、きちんと清掃・消毒する時間が無いのが現状です。さらに救急車の他にも霊柩車両や福祉施設の車両などにも、感染症対策が必要になります。