電子ブレーカー導入支援サービス

電子ブレーカーとは?

低圧電力は従来負荷設備契約といって、機械のモーター容量の足し算により契約電力が決められています。それを主開閉器契約という一般家庭にも適用されているメインブレーカーの容量で契約電力を決定する方法に変更することで、契約電力を削減できる可能性があります。そして、契約電力を大きく削減できるブレーカーが電子ブレーカーなのです。

電子ブレーカーの特徴

通常のブレーカーは熱動式といって、電流ではなく金属に電気が流れることで生じる熱により遮断する仕組みです。実際の電流を感知しているわけではないのです。例えば、皆様にご家庭に定格40Aのブレーカーが設置されているとして、短時間であれば40A以上の電流が流れても遮断するとは限りません。通常のブレーカーはこのように非常に曖昧な動作をするので、定格以上の電流が流れても決められた時間内に遮断すればよいとJIS規格でその範囲が決められています。
電子ブレーカーは実際に流れている電流値とその時間をブレーカー内で測定しており、JIS規格の許容範囲最大まで使用できるようプログラムされております。

電子ブレーカーの特性と主開閉器契約をうまく組み合わせることで契約電力を
下げることができ、結果として基本料金の削減が可能となります。